海外のFX業者は魅力がたくさんある!

FXを始める際にまず決めなくてはならないのが、証券口座をどこにするか?ということ。

日本にはDMM FXやGMO FXネオなど数多くの業者が存在しますが、以下の理由から私は使うのを避けています。

  • ゼロカットがない
  • 追証が発生したら支払わなくてはならない
  • レバレッジが低くて多くの証拠金が必要になる
  • 取引できる通貨ペア数が少ない
  • MT4が使えない

そうなったとき、検討したいのが海外のFX業者です。

海外のFX業者はトレーダーにとって非常に有利な環境で、レバレッジが高いうえに追証がなく、ローリスクでありながら最大限のリターンを得ることができます。

おすすめの海外FX業者

私がおすすめしたい海外FX業者はXM、FXGT、Exnessの3社です。

そのほかにも魅力的な業者はたくさんあるので、気になる人はFX REVIEW JPというサイトの【2020年最新】プロトレーダーが選ぶオススメの海外FX業者 BEST7という記事を読むと良いでしょう。

それから、XMに関して詳しく知りたい人には、こちらのXMの評判情報サイトが参考になります。

XMの特徴

XMはレバレッジが888倍と高く、しかも初めて口座を作る際に3,000円のボーナスが貰えます。

日本語対応も完璧で、日本人トレーダーの5人に1人が口座を保有しているといわえるほど高い人気を誇っているので、業者選びに迷ったらXMで口座開設することをおすすめします。

FXGTの特徴

FXGTはFXと仮想通貨を一つの口座内で取引できるハイブリッドな取引所です。

口座開設ボーナスや入金ボーナスなどといった豪華なボーナスが用意されていて、資金がすくなくてもお得にトレードを始められます。

また、最大レバレッジが500倍で、FXも仮想通貨もハイレバで取引して爆益を狙えます。

懸念点としては、運営実績が少ないこと。2019年12月にサービスを開始したばかりの新参ブローカーなので、過度な入金は避けたいところです。

Exnessの特徴

Exnessは最大2000倍という桁外れのレバレッジで取引できるだけでなく、一定の条件をクリアすると最大21億倍という実質無制限のレバレッジでトレードできる驚異の業者です。

残念ながらボーナスは提供されていませんが、スプレッドがとても狭いので、スキャルピングをやるならぜひ検討してみましょう。

FXの業者選びはライセンスに注目

FX会社を決めるにあたっては、所在国の金融庁に登録されているライセンスを持ったFX会社を選択するようにしましょう。

海外FX会社のなかには、どこの国の免許も持たず無登録で営業しているところもあります。こうしたFX会社の場合、せっかく利益を出しても出金のスピードが遅かったり、出金を渋ったりするなどといったトラブルが起こる可能性もあります。そのため、必ずライセンスを持ったFX会社を選ぶようにしてください。